執行役員ご挨拶

投資主の皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素はエネクス・インフラ投資法人に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

本投資法人は、投資主の皆様をはじめとするステークホルダーの皆様のご支援のもと、2019年2月13日に、東京証券取引所インフラファンド市場に上場いたしました。

わが国では2018年7月にエネルギー政策の根幹となるエネルギー基本計画が見直され、2030年には温室効果ガスを2013年度比26%削減することが閣議決定されました。その中で、再生可能エネルギーに関しては自立した主力電源を目指すといった方針が掲げられております。

こういった状況の中、本投資法人は再生可能エネルギー発電設備等に対する投資を通じ、投資主の皆様に長期的に安定した投資機会を提供するとともに、再生可能エネルギーによる発電を拡大し、地球環境への貢献と持続可能な社会の実現に投資主の皆様が参加できる機会を提供してまいります。

本投資法人は、伊藤忠エネクスを中心とするスポンサー各社がこれまで培ってきた再生可能エネルギー発電施設の運営ノウハウ、スポンサー各社の金融分野での経験を活かした内部成長機会を追及するとともに、スポンサー各社からの将来にわたるパイプライン供給及びこれまでの取引実績に支えられたネットワークを活かした外部成長機会を活用することにより一層の成長を図ってまいります。

投資主の皆様におかれましては、今後ともご支援、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

エネクス・インフラ投資法人 執行役員 山本 隆行
エネクス・インフラ投資法人
執行役員 松塚 啓一
  1. ホーム
  2. 投資法人の概要
  3. 執行役員ご挨拶

to Page Top